AKA療法(関節運動学的アプローチ) – 泉南 阪南 和歌山 肩こり 腰痛|ストレス うつ病でお悩みなら久保整骨院

AKA療法(関節運動学的アプローチ)

AKA療法

皆さん日常生活の家事、介護、子供たちの世話をしたり、荷物を運ぼうとして中腰になり腰が伸びにくく、それから痛みが出て取れないなどの症状でお困りの方はこの治療法が効果的です。

疾患では肩こり、腰痛、坐骨神経痛、頭痛、首痛、寝違い、背中痛、肘痛(テニス肘、野球肘)、手首痛、股関節痛、膝痛、捻挫、足首痛などに効果が期待できます。

私の院で行なっている「AKA療法」を紹介していきたいと思います。

AKA療法ってどんな治療?怖くないの?痛くないの?

AKA療法は、最近ではテレビや本、雑誌などのメディアでも取り上げられて少し有名になった治療法ですが、まだまだ一般の方の中には、横文字の治療法は「ボキボキするのではないのか?」「痛くするのではないのか?」と質問される方がおられます。

ご安心ください

AKA療法は、シンプルでゆっくりソフトな刺激療法なので怖いことも痛みを感じることもほとんどありません。

私がこの療法を取り入れて23年以上、延べ数万人の方を治療してきましたが、治療後「怖かった」「痛かった」と言われた方はほとんどいないので、高齢の方から小学生のお子さんまで安心して受けていただける治療法です。

AKA療法

私が行うAKA療法のやり方と特徴

関節の運動学を基礎とした考え方の治療法であり、関節面の滑り、回転、回旋などの関節内の運動を改善する治療法です。

AKA療法

AKA療法では体の関節を1ヶ所づつ丁寧に手で軽く動かしていきますが、実際に動くのは1〜2㎜程度でほんのわずかな動きを手で感じながらおこないますので、集中力と熟練を要し誰でもすぐにできるというものではありません。

この操作によって動きが悪いところを元の正常な動きに戻し痛みや不具合を治していくのです。

この治療法の特徴は、治療で重要な仙腸関節(仙骨と腸骨)が中心となって肋骨と背骨の関節、背骨同士の関節、時には手や足の関節等も症状に応じて治療をおこないます。

その体の痛みをまだ諦めないでください

どこに行っても治らない、昔からだから仕方ない、と身体の痛みにお悩みで諦める方が多くいます。
そのような方はもう一度よく考えてみましょう。

  • 関節が悪いのにマッサージや整体などで間違った対処法をされていませんか?
  • 日常生活で同じ動作、癖に問題がありませんか?
  • 腰の動きが前よりは悪く、硬くなっていませんか?
  • 呼吸が浅く、深呼吸するのがしんどくなってきていませんか?

もし当てはまる項目がある方は良くなる可能性が十分あるということです。身体の痛みは正しい知識と経験を持っている先生に的確な治療をおこなってもらえば良くなります。

もし長引く身体の痛みでもう治らないと諦めているようでしたら一度当院の治療を受けてください。
私と一緒に身体の痛みを解決していきましょう。

AKA療法